社会福祉法人 鳥羽市社会福祉協議会トップ

最新ニュース
2021年10月1日

今年も赤い羽根共同募金運動が始まりました

 令和3年度も10月1日から12月31日まで全国一斉で赤い羽根共同募金運動が始まりました。
 鳥羽市共同募金委員会も1日に近鉄鳥羽駅様、ショッピングプラザハロー様のご協力の下、街頭募金運動を行い皆様から沢山のご支援・ご協力を頂きました。特に近鉄鳥羽駅では朝の通勤、通学の時間の忙しい中、立ち止まって募金して頂いた方も沢山いらっしゃり大変感謝申し上げます。
 令和2年度についても皆さまからの沢山のあたたかいご支援・ご協力を頂き、約223万円もの募金を集めることができました。
 集められた募金は三重県共同募金会、中央共同募金会と日本中の募金を一旦まとめ、一部を災害等準備金として積み立てた後、再び配分金として鳥羽市に戻ってきます。
その配分金を使って令和2年度は下記の事業を行うことが出来ました。

・離島地区を対象とした無料マッサージ事業
離島やへき地へ出向き、高齢者への無料マッサージ会を開催し、住民の情報交換や集いの場を設ける活動に助成を行いました。

・福祉協力校での福祉教育推進事業
鳥羽市内の福祉協力校(現在全12校)に福祉教育活動に対する助成を行いました。これを使い生徒の福祉活動(清掃活動、高齢者との交流、募金啓発運動等)に役立てています。

・ふれあいいきいきサロン事業
地域の高齢者が身近な公民館などに気軽に集まり、昼食やお茶をとりながら、レクリエーションや健康体操、おしゃべりなどを通じて、仲間作りや外出の機会を作り出すことにより、孤独化防止、介護予防、生きがいの創出等を目指して活動しています。

・児童健全育成野球大会への助成
大会の運営費の助成を行いました。

・無料貸出用車いす整備事業
鳥羽市社会福祉協議会にて無料貸し出しを行っている車いすの整備費用(パンク修理、部品の交換等)に助成しました。

・各ボランティア・福祉団体への活動助成
鳥羽市内で活動している福祉団体への活動助成を行いました。

 コロナ禍で大変厳しい状況がまだまだ続きますが、鳥羽市社会福祉協議会では誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができる地域づくりを引き続き推進していきますので今年度も皆様のご理解、ご協力を宜しくお願いします。