社会福祉法人 鳥羽市社会福祉協議会
トップ 最新ニュース 社協概要 地域福祉活動 ボランティアセンター 各種サービス 総合相談
介護保険サービス
ケアマネジメント

 ケアマネジャーは、要介護・要支援認定を受けた利用者さん宅を訪問し、その心身の状態・本人や家族等の希望に基づきケアプランを作成します。そして、そのプランにそってサービスを利用できるよう介護保険サービス事業所などの関係機関との連携調整等を行います。また、要介護者が自立して日常生活を営むのに相談援助・情報提供等必要な援助を行います。

訪問相談

 ケアマネジャーの仕事は訪問であり、主な仕事場は訪問先です。では、訪問の目的は何でしょうか。
 それは、訪問先の利用者及び家族の話を聴き、生活上・介護上の困っていることや要望を聴くことです。そして、直面している問題を明確にし、各サービス機関に結び付けます。
 初めて訪問する家、継続して訪問する家、いろいろあります。自宅は生活の場であり家族の城です。そこで、その生活の一部分に関わって、利用者・家族とともに介護・生活について考えていきます。
 利用者さんや家族の希望を聴き、自宅で日常生活を営む為に必要な保健・医療・福祉サービスの適切な利用ができるよう、必要に応じたサービス計画を作成し、サービス提供者等との連絡調整を行います。また在宅での生活が困難になった場合には施設サービス事業者との連絡調整も行います。

他機関との連絡調整

 利用者に対してさまざまな立場からサービス提供を行う機関は、それぞれが援助の目標を共有し、そのた実現のための役割分担、すなわちケアプランの内容について共有することによって、立場と専門性は違っても、同じ方向性で援助を提供することが可能となります。こうした実践を実現するために、介護支援専門員が核となって連携を図っていく必要があります。その方法にはサービス担当者会議等のカンファレンスを開催すること、介護支援専門員が連絡を密に行い、関係者の間で意思統一や意見交換をすることがあります。

ケアプラン作成業務

 ケアプラン作成とは、利用者の生活上の不安や希望を理解することはもちろん、それにもとづいて目標とする生活状況を共に考え、そのために必要なサービスを適切に利用できるよう本人や家族の意思を確認しながら作成していきます。