社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは?

鳥羽市社会福祉協議会は地域福祉を充実させるために、市民のみなさまとともに考え、実践します。

地域福祉とは誰かの困りごとを地域の問題として考え、ボランティアや近所の人たちと助けあい、支えていくことであったり、身近なところで気軽に福祉の相談ができて、福祉サービスが利用できたり、障害者や高齢者といった区別なく、だれもが地域の一員として認め合い、地域社会に参加できるまちづくりを進めていくものです。
社会福祉協議会は、これらの地域福祉の活動や取り組みがスムーズに進むように調整したり、地域の活動を支援したり、情報の収集・提供を行う、公共性の高い民間組織です。地域に暮らすみなさまのほか、自治会、老人クラブ、ボランティア、民生児童委員、行政、保健・医療など関係機関の参加・協力のもと、地域の人びとが住み慣れたまちで安心して生活することのできる「福祉のまちづくり」の実現をめざし、さまざまな活動をおこなっています。

社協の運営はどうなっているの?

社会福祉協議会は、理事会、評議員会の議決・決定によって事務局がさまざまな事業や取り組みを行っています。

社協の財源・募金活動

鳥羽市社会福祉協議会は以下の財源により運営されています。

  • 社協会員会費
  • 寄付金
  • 共同募金配分金
  • 介護保険事業収入
  • 市・県社協などからの補助金・委託金

社協会員会費

鳥羽市社会福祉協議会では、すべての住民の皆さんが、住み慣れた場所で安心して自分らしく生活できる「福祉のまちづくり」をめざし、さまざまな活動や事業に取り組んでいます。その活動の財源として中心になるのが『社協会員会費』です。
地域福祉の原動力であり、社協を支える柱ともいえる会員増強にあたたかいご支援・ご協力をお願いたします。

【募集期間】毎年7月1日~8月末

種別 対象 会費(年額)
個人会員会費 一般の市民の方 500円(一口)
特別会員会費 企業・団体・福祉施設等 5,000円(一口)

赤い羽根共同募金

みなさまからお寄せいただく募金は、民間社会福祉施設、団体等に配分され、施設整備や福祉団体の育成に役立てられたり、地域での福祉活動の振興に活用されます。

【運動期間】毎年10月1日~12月31日

皆様からお寄せいただきました会費・共同募金は、次の地域福祉推進事業に活用させていただきました。

  • 交通不便地(離島地区など)における無料マッサージ事業
  • 高齢者・障がい者・子育て・ボランティア団体等への活動助成
  • 福祉協力校での福祉教育推進事業
  • ひだまりフェスタの開催
  • 広報紙(福祉ウェーブ)の発行
  • 公園遊具設置・修理助成(町内会管理の公園に限る)
  • 介護機器・レクリエーション用具・福祉体験用具等の無料貸出
  • その他地域福祉推進事業